カードローンを利用している人の中には、今いくら利息を支払っているか計算できない人もいます。利息は計算できないけどどうしても資金が必要であるがために、そういった状態に陥ってしまうのです。利息の計算は複雑で、専用の計算機を使用しないと、正確な利息額は難しい計算になってしまいます。そのため、ある程度の額であれば、割合の計算だけでも出すことが可能ではあるのです。一般的な利息額というのは、借入れ総額の18%程度がカードローンの相場になります。そのため、年間で借入れ総額の2割は利息として支払うことになるのです。それを、日割りで計算しますので、早く返済することができればそれだけ利息は少なくなりますので、カードローンの返済は1日単位で早く返せば返す程、利息が少なく抑えられるのです。日割り計算というシステムの性質上、1日単位での利息計算になりますので、朝早い時間から返済するのと夜遅く返済するのとでは利息の額は変わらないことになります。しかし、カードローンによっては、オンライン上で返済をすることができるシステムの場合、深夜の返済も可能になっていますので、そういった場合であれば、どの時間に返済した場合、いつ返済したことになるのかを確認しておく必要があります。日付が変わったとしても時間帯によっては前の日の返済扱いになる場合がありますので、もし前の日の返済扱いになる時間までに返済を実施できれば、それだけ少ない利息で済むことになるのです。利用方法はカードローンによって変わってきますので、ライフスタイルに合わせて検討する必要があります。また、そういったサービスの違いによって、金利はもちろんのことですが、手数料の有無であったり、手数料の額についても変わってきます。しいては、返済不可期間といのを設定している場合もありますので、こまめな返済で利息を抑えることが可能な場合は、しっかりと確認しておく必要があります。また、こまめな返済をすることができないのであれば、返済手数料や返済不可期間がある分、金利が安いカードローンを選ぶことでコストを抑えることも可能です。しかし、最近の金融商品については、基本的に手数料やその他のサービスをなくして金利を抑えるものは少なく、同じ金利でそういったサービスがついていないものの方が多くなっています。どちらかと言えば、しっかりしたサービスがついている金融商品であるかどうかに重点をおく必要性が高いのです。

このページの先頭へ